新鶴見機関区のソ88

新鶴見機関区では秋口になると機関区の公開があり,家族連れでにぎわっていました.あまたの機関車はもとより,台車検修場でのEF65ジャッキアップシーンや,点検蓋が全開されたDE10のボンネット内部を見学することができ,普段見られないメカを観察する貴重な機会でした.機関車以外では操重車が目を引き,新鶴見には事故復旧を目的としたソ80型式88号機が配置されていました.1978(昭和53)年当時ではほとんど活躍機会がなく,機関区内でひときわ大きな図体を持て余しているようでした(無事故で良いことですが).

so88-1

ソ88全景.本体の連結器間距離だけで10m,自重83t,扱重65t.キャブの塗装は薄緑に黄色の横帯でした.側面を白く塗られたチキ1187が,長いブームを休める相棒です.こちらは昭和1ケタ生まれ(昭和4~5年製)で,TR20や台枠側面のリベットが時代を感じさせます.1978.11.5

so88-2

左側のサイドビュー.昭和40年浜松工場製です.台枠側面には油圧パイプが走り,両サイドにはアウトリガ上下用の操作弁が見えます.後部のガラリはディーゼルエンジンの空気取入口,台枠上の旋回用大歯車も目立ちます.ブームの根元には,作業連絡用スピーカーが見えます.1978.11.5

so88-3

チキの前部に乗っている車両吊下用の補助具.屋根のカーブに合わせてあります.実際の吊下には,さらにワイヤと棒材が必要でしょう.1978.11.5

OERclane

こちらは現役の天井走行クレーン用吊下補助具.黄色の金具がクワガタのように開閉し,効率的に作業可能.小田急・相模大野工場にて.2010.8.25

so88-4

ソ88の妻面.ディーゼルエンジンが見えます.旧ロットのワードレオナード法による直流電動機制御方式に代わり,ソ84以降のロットからはディーゼルエンジンと油圧モータによるクレーン駆動機構となりました.これはトラッククレーンなど,一般建機と同様のメカニズムです.アウトリガは折りたたみ収納式で,展開時は蝶番から1.2mほど外側にはみ出します.1978.11.5

comp

ソ80のブーム形状の相違略図.初期ロットa)は「くの字」型ブームと主巻,補巻のフックが特徴で,巻上ウインチは3台です.ソ88は一番多いロットb)の1両で,根元と先が細くなった直線ブーム形状をしており,補巻の代わりにブーム先端に小さなフックがついています.最終ロットc)では,ブームがストレートなH鋼製に簡略化されています.※a),c)の形状は,Wikipedia「ソ80」で確認できます

so88-5

右側のサイドビューで,こちら側に出入口があります.各台車に1軸ずつ走行用の油圧モーターがあり,作業時の低速走行が可能でした.出入口下の台枠に,外部での走行操作レバーが設けられています.1978.11.5

so88-6

重厚な台枠とブーム根元のクローズアップ.4本取ワイヤ2組の滑車でブームを上下します.滑車下には大きなヘッドライトが水平に取り付けられています.傾斜計や機能表などクレーン独自の表記が目立ちます.しかし,架線の下ではどうやって作業してたんでしょうか.事故現場では架線も壊れ上空に支障無し,あるいは事前に取り外し?1978.11.5

1980年代からはじまった操重車の淘汰は世界的な傾向で,鉄道沿線道路網の整備とトラッククレーンの性能向上が背景となっています.現在鉄道用の新形式はロシア圏のみのようで,ラフテレーンクレーンをチキ/シキに乗せたような形状です.

コメント

コメント(2)

  1. kokifu50000 on

    初めてコメントさせていただきます。このブログは最近開設されたのでしょうか。私は2年前に始めた模型の組立で、ソ88の情報を入手したつもりでしたが、このサイトは初めての発見でしたので衝撃的でした。運転室側の撮影情報がほとんどなく困ったのを覚えています。運転室側と後方妻板には黄帯は無いように見えますが、色が飛んで見えないだけでしょうか?このような薄青(灰緑色)時代の詳細な写真は他には発表されていませんので貴重と思います。

    返信

    • admin on

      ご覧いただき有難うございます.6月からボチボチやっておりますのでよろしくお願いします.写真を見る限り帯は回り込んでいるようですが,白黒写真なので何とも分かりません.以下のサイトには同じ日に撮影されたカラー写真がありますが,もうご存じでしょうか?ご参考まで.
      http://www.jnr-photo.com/FC/so/FCso.htm

      返信

コメントする