D52-72;49年ぶりの再会

 2010年に市内の公園から御殿場駅前へと移設されたD52-72に会ってきました.国府津機関区跡で前回見たのは中学生だった1972年でしたので(→元記事はこちら),実に半世紀ぶりの再会です.露天での展示ですが手入れが行き届いており,ほんとうに50年たったかなという綺麗な状態に保たれていました.明るいので写真が撮りやすく,庫内にあった時よりよく観察することが出来ました.

D52-01

まずは久々の対面!ポッポ広場の名称石碑が立派.観察に余裕を持たせた低い柵配置が有難い.キャブ観察用の階段も両側に設置されていました.

kz-4a D52-02a

国府津機関区跡にいた頃との比較.国府津当時はシールドビーム(LP-405)でしたが,原型のLP-403に戻されていました.入換標識灯は撤去済みで,正面ナンバープレートは木彫→プラ製赤に交換されています.

kz-7a D52-21

左クロスヘッド付近の比較.現在は赤ライン入りのペイントです.

D52-06 D52-10

左右のキャブ周りの比較.銘板も健在.

D52-07

機関士席の機器類も健在.ハンドル類もきれいです.

D52-08

蒸気分配器の圧力計とバルブ.供給先を示す表示板は失われていましたが,あっても小さくて乗務中に読めそうにありません.機関士/助士さんは体で場所を覚えてたんでしょう.

D52-09

焚口とストーカー.右側の組みバルブがイマイチ謎です.京都鉄博のストーカ撤去前のC61にもあったのと,配管が火室に向かっているので燃焼系のモノと思いますが,場所毎の温度制御用(散水とか)ですかねぇ.

D52-13

後ろを振り向くとテンダーのコールバンカー.ストーカーの取入口には蓋がされています.

D52-14 D52-15

機関士側と助士側の前面眺望.当たり前ですが,半分しか見えず.助士側ランボード上に大型の清缶剤送入装置があり,意外と目立ちました.

D52-11

右ランボード下にあるシリンダへの給油ポンプ.加減リンクからのロッドで駆動されます.これも配管がアナログ的複雑さです.

D52-16

テンダー右後部には転轍レバーや入換信号機等も設置されていました.

D52-17

貨車用TR-41のようなテンダー台車LT-204.ただしこちらが先輩で,TR-41は軸距を1700mm → 1650mmに変更.ATS車上子は逆行も可能なように,隣の台車側にも位置をずらして設置.

D52-04

御殿場線の山越えを模したモニュメントもあり,大事にされている様子が分かりました.

おまけ;御殿場駅

御殿場駅も約46年ぶりの訪問です.

gtnb-1

山小屋風の富士山口.本来なら外人観光客で賑わってるところでしょうが,コロナで閑散.

gtnb-2

内部は明るい橋上駅です.

gtnb-3

3番線で出発待ちの313系沼津行2625G,静シスN2編成Tc312-2328ほか3連.

OER3000-1

1975年当時は古レール跨線橋が架かる,こんな駅でした.

元記事はこちら

本稿おわり(撮影日:2021年6月1日)

コメント

コメントする