相鉄/埼京線・相互乗入開始

 11/30日から相鉄とJR埼京線の相互乗入が始まったので,早速探訪してみました.初日は土曜日なので,どこも初乗りの人々で大混雑.

海老名駅

 目下改良工事中で,ホーム横に柱の土台が立ち始めました.駅上に商業施設や保育所等を作り,改札口も増えるようです.工事に伴い,停車位置が30mほど横浜寄りにずれています.

ebn-07

折返し11:23分の新宿行,宮ハエ125編成クハE233-7025が到着.海老名で埼京線用のE233-7000を見るのは違和感がありますが,千代田線乗入のE233-2000は小田急側でたまに見ますね.そのうち2ショットを撮ってみたいものです.

ebn-02

海老名駅の「特急・新宿」の表示も新鮮で,皆さん立ち止まり,スマホカメラで撮影してました.

ebn-03

駅の運賃表示も「羽沢横浜国大」が追加.

stz-01

一方,車両のドア上の駅案内板は,川越までありました.

ebn-06

海老名駅名物だった京三製の大きな車止(奥の土嚢部)は撤去中で,独・Rawie製のバッファストップに置換え.

ebn-05 ebn-04

1番線側も同様でした.銘板から見ると2019年の最新のものですね.

ebn-09

折返し新宿行各停の12000系の到着.E233と同じ裾絞りタイプですが,東急乗入用は車幅が狭く側板がストレートな20000系.同系列でも乗入先の車両限界が違うので,2車種用意しなければいけないのが辛いところ.

ebn-08

海老名駅付近の陸橋からの新宿行の後追い.屋根上のアンテナ数が半端ナイ!

さて新宿行の特急に乗車してみましたが,西谷駅を出るとほぼ地下鉄状態となり,羽沢横浜国大で少々の明り区間を通ってまた地下区間.次の明り区間は鶴見駅の南側で,海側の貨物線から旧新鶴見操車場を通って,武蔵小杉に到着します.この間,結構長いので,鶴見駅ができても良さそうです.

武蔵小杉駅

 ホーム横をすり抜ける新幹線や,成田EXP,湘南新宿ライン,コンテナ貨物などが行き交い,油断をしている暇がありません.

ksg-04

乗ってきた新宿行を武蔵小杉駅ホームで見送る.

ksg-06

初日ならではのメッセージが電光板最下部に流れました.

ksg-05 ksg-03

ホームでは撮影対象に事欠きません.コンテナがホームを通過するのも,今どき珍しい.

ksg-01

武蔵小杉に到着した海老名行の12000系.

羽沢横浜国大駅

すぐ横はJR貨物の羽沢駅.駅は地下ですが,小杉方面は明り区間に近いです.

hzw-01 hzw-05

ものすごい混雑で,切符の自販機も長蛇の列でした.駅は相鉄ですが,JRとの分界点.

hzw-04 hzw-03

駅構内のようす.左が西谷方面のトンネル,右は武蔵小杉方面の明り区間.

hzw-06 hzw-07

相鉄の運転士さんがホームドアを開けているところ(右).JRの運転士さんと引継ぎ挨拶(左).

hzw-02

相鉄区間は,どの列車も2人乗務のようでした.

新ルート開業で乗客の動向が心配な小田急は,海老名駅の階段囲いに大きな看板を掲示して牽制しています.

ODQ-01

ただ相鉄/JR経由で新宿までは¥834(IC;相鉄¥313+JR¥561)で勝負にならず,時間も1時間弱なので,小田急の優位性は変わらないでしょう.何より埼京線はグリーン車がないので長距離は辛く,ロマンスカーに部がありますね.このあたり,埼京線がグリーン車や川越行の観光車両を導入するかがカギでしょう.2年後には東横線にも乗り入れるので,今後の展開が楽しみです.

本稿終わり

コメント

コメントする