シアトルの鉄道 (2)路面電車

(2)路面電車(Street Car)

シアトルの路面電車は1884年の馬車鉄道開業に始まり,近郊都市まで含めて路線が発達していましたが,第2次世界大戦後のモータリゼーションにより線路が取り払われてしまいました.しかし市内の渋滞が激しくなるにつれてエコブームの機運も高まり,2007年12月12日にダウンタウン中心部のWestlake Hub駅と北部の海沿いのFairview & Campus Drive駅間1.3マイル(2km)が開業しました.複線で全部で11の駅があり,途中別々の道路を走る単線区間があります.実際は2駅間の往復ですが全線がループという考え方で運行されているので,終点から折返線に向かう際に乗車していても問題なく,乗務員が車内を歩いて運転台を移動するのを見ていてOKです.

image

折返点であるFairview & Campus Drive駅にて.よく見ると乗客は乗ったままなのがわかります.

image

パープルの編成.West Lake & 7th駅にて.

image

スカイブルーの編成.Westlake Hub駅にて.

image

落ち着いた色合いの車内の様子.3連接の車両です.

切符は停留所の販売機で購入しますが,刻印時刻から1時間$2.50というシステムで,この間は乗り降り自由となっています.この販売機は武骨な外観で屋根がないため,まともに動作するか心配でしたが,ちゃんとクレジットカードが使えたのはさすがアメリカでした.

image

停留所にある自動販売機.天板は太陽電池で,機器自体も雨ざらしです.

image

切符です.

車両は1990年創立のチェコ・イネコン(INEKON)社製のTorio-12型を使用しており,今風の低床3連節車体の路面電車です.同社HP(イネコン社HP)から主要スペックを拾うと,全長20.13m,幅2.46m,空車質量26t,最高時速70km/h,電動機90kW×4等々となっています.車両の色はさまざまで,赤,緑,青,紫等が確認できました.最新の車両だけに乗り心地が抜群だったのと,お年寄りに席を譲る人々の振る舞いが実に自然で感心しました.現在の路線は市中心部より北側のみですが,路線拡張が計画されており,このうち南部のFirst Hill路線が2013年に開業予定となっています.

image

出入台ステップに設置されたイネコン社の製造銘板.TORIO-Type12,2007年製.

(3)につづく

コメント

コメントを受け付けておりません。