ルポ探 8.三重県ナローゲージ探訪

三重県の四日市と桑名周辺には現役のナローゲージが集中しており,近鉄内部(うつべ)・八王子線,三岐鉄道北勢線が活躍しています.しかし前者は今年8月にバス転換の方針が出され,後者も2003年に三岐鉄道が10年の時限で近鉄から継承したものの,年限が迫ってきました.その昔,関東地区で大規模な762mmといえば西武山口線「おとぎ列車」でしたが,子供のころユネスコ村への遠足でバス車中からチラリと見た程度で,レオライナーに転換されてしまいました.そこで現役ナローを観察する最後の機会かもしれないと思い,出張帰りに寄り道してみました(2010.11.10).

mie-1

四日市駅の内部・八王子線のホーム.近鉄名古屋線高架下の立派なホームで9-10番線となっています.初めて見るナローゲージ電車の幅が狭いのにまずは驚き!

mie-2

こちらは10番線側の線路と車止め.通学帰りの中高生でホームが一杯になっています.

mie-3

ナローゲージとはいえ,ボンドも2本渡した立派なレール継目.

四日市駅は高架下で薄暗く写真が撮りにくいので,内部線と八王子線の分岐駅である日永(ひなが)駅に行ってみました.たまたま土曜の下校時間だったのでしょうが,初めて乗ったナローは中高生でごった返しており,廃止されてバスで対応できるのかチョット疑問でした.

mie-j

車内はバスのような椅子配置です.やがてここも中高生でぎっしりになりました.

mie-i

ワンマン運転では仕方がないことですが,両替器にふさがれ前面眺望がイマイチなのが残念.

mie-4

日永駅の玄関.左手に切符の自動販売機があります.

mie-5

日永駅の構内配線.左が改札で,手前側の相対式2線ホーム(1-2番線)が内部線,カーブした1線ホーム(3番線)は八王子線です.ATSの地上子はレール間でなく,進行方向レール右外側に設置されています.

mie-6

ク163を先頭に内部行き1243レが1番線に進入するところです.先頭部右下にATS車上子が見えます.運転席の様子からも,車幅が狭いことが分かります.

mie-7

1243レが到着するとすぐに,八王子線の四日市行1252レが交換で出発します.

mie-8

1252レの最後尾を務めるク161.

mie-9

日永駅内部方面の踏切.ナローゲージの狭さが際立ち,遊園地の鉄道のよう.

mie-a

四日市行1242レの先頭モ263です.大きなパンタグラフが「本物」の鉄道を主張しているようです.

内部駅の車庫も訪問したかったのですが,例によって時間切れとなり,次の訪問地である桑名駅に向かいました.

三岐鉄道北勢線・西桑名駅はJR桑名駅の少し南西にありますが,わざわざ駅名に「西」をつけて区別しています.ホームが1本のみの行き止まり式です.

mie-b

西桑名駅の入口です.JRの保線基地横のペデストリアンデッキを降りた先にあります.

mie-c

自動改札機完備の立派な改札.朝夕は通勤・通学でにぎわうのでしょう.

mie-d

ホームに停車中の431レ楚原行4両編成.折り返し準備中なので前面行先が西桑名のまま.先頭のモ277はもともと内部・八王子線用に作られたもの.後ろの3両(201-101-202)は,3車体連接車両.こちらもATS車上子は前部右下に設置されてます.

mie-e

201は棒連でク277に連結され,運転台も無くなり中間車のようになっており,ク+3連接車という何とも珍しい編成でした.「みんなで守ろう」の黄色い幟が目立ちます.

mie-f

北勢線の終端にある車止め.私鉄でよくみられるレールを前後対象に組んだ△形状です.横棒は枕木に見えますがレール2本(裏側)です.

mie-g

ワンマン運転の運転士さんに出発合図を出す駅長さん.

西桑名駅を出て線路沿いに少し南に歩くと,西桑名第2号踏切があります.これは北勢線,JR関西本線,近鉄名古屋線を渡る踏切で,762mm,1067mm,1435mmと3種類のレール幅を同時に体験できる貴重なスポットです.

3種類のゲージを一気に横断.西桑名2号踏切(32秒).

西桑名2号踏切を通過する北勢線430列車(46秒).

駆け足でしたが,ナローゲージ鉄道の生きている姿,生活に密着している姿に出会うことが出来たのは,またとない良い機会でした.ナローの車両は少量多品種なだけにメーカーの対応が難しく,更新費用が高額となることも存続が危ぶまれる理由の一つになっているとのこと.どちらの鉄道も都市部に残った現役ナローということで,ファン的には何とか今後の存続に期待したいところですが,財政的には厳しそうです.

おまけ

帰路の桑名→名古屋は,JR東海のキハ75快速「みえ」に乗車してみました.特急料金を取られる近鉄より安く,時間も+10分程度なので大して気になりません.首都圏では珍しくなった気動車の運転の様子を立ちっぱなしで観察する良いチャンスでした.なによりも驚いたのは加速が速い,エンジンブレーキが良く効くということで,新系列気動車の性能の高さに関心しきりでした.

mie-k

名古屋駅に着いた「みえ14号」の乗務員交代の様子です.

(おわり)

コメント

コメントする