ルポ探25.名古屋 2)愛知機関区

 愛知機関区といえば今ではDD51やDE10などのDLを連想しますが,筆者の世代にとってはやはり稲沢第二機関区[稲ニ]の区サボを差したEH10やEF65が思い浮かびます.その昔,東海道線の貨物列車は,ほぼ同陣容の吹田第二機関区[吹ニ],下関機関区[関]のEF66,ローカル用では沼津機関区[沼]のEF60,新鶴見[新]のEF13/15などの旧型機とEF65-1000というのが相場でしたよね.なかでもEH10の[稲ニ]の印象は強烈で,新鋭EF66に負けじとひときわ長い重量貨物列車をけん引していた様子が記憶に残っています.さてそれから半世紀たった2018年9月,ようやく訪問する機会を得ました.

稲沢駅

 愛知機関区に一部かかる橋上駅で,ホームや駅外の跨線橋から構内の様子を観察することができます.機関車の活発な姿を見ることができると思っていたのですが,側線に留置された休車の群れにチョット哀愁を感じてしまいました.

inz-hmz

ホームに降りて留置車両にカメラを向けようとすると,311系G9編成[垣]の浜松行が高速で通過.

inz-DD51-875scrap

ホームから見たDD51-875ほかの留置休車群.右側のDD51はプレートが外され,車番不明.更新色のDD51ですら廃車か.

inz-DD51EF64scrap

DDS51の隣はEF64-1012.プレートが外され,ペンキ書きのナンバーがなんとも悲しい.

inz-EF64-1019scrap

EF64-1019+1006+DD51-1147+EF64-1012が雨の中,静かに佇んでいました.

inz-scrap3

DD51-1147のキャブ付近クローズアップ.休車の白札が差されています.

inz-scrap2

DD51-1047とEF64-102の連結部.ジャンパ栓上の照明灯がいかにもEF64.

inz-scrap1

EF64-1006とDD51-892の並び.

さて休車・廃車はこれまでとして,現役の元気な姿にしますかね.

inz-EF66-109

EF210に代わられ影が薄くなったEF66ですが,現役で頑張ってました.EF66-109[吹].

inz-DE10-1726

京都方から静々と現れたDE10-1726.

inz-oil2

休車の間を抜けて,給油所付近でしばし停車.

inz-oil

給油所周りにDD51-1028,DF200-216,DE10-1726と各形式が勢ぞろい.DF200の200番台は愛知機関区名物の防音型で,やがてDD51を駆逐してしまうのでしょう.

inz-garage1

跨線橋の北側から見た構内の様子.奥はEL用,右側はDL用のようでした.EH10もこのあたりに犇めいていたのでしょうか.

inz-garage2

DL庫前に留置中のDE10とDD51で,こちらは現役.

inz-scrap4

ホームと反対側から見た留置車両軍の様子です.いずれ廃車の運命でしょう.

構内の配線に比べてなんとも寂しい機関区の現状でしたが,かつてのELに替わりDLへのシフトも時代の流れでしょう.

おまけ:名古屋駅にて

NGY-Hida9

「ひだ9号」のキハ85.岐阜でのスイッチバックに備えて,名古屋駅では後ろ向きの座席配置.平日にもかかわらず,かなりの数の外国人観光客が乗車していました.線路間に給水ホースが残っており,さすが大駅.

NGY-2722M

中央線の到着列車.神領のB402編成による2722M.

NGY-MIe7

「みえ7号」鳥羽行のキハ75.

NGY-211-313

211系尾t313系の併結部分.313系がRの大きな曲面で構成されていることが分かります.

名古屋駅といえばホームのきしめんが楽しみでしたが,昔の駅そば風のスタンドに比べて,ガラスの囲いのある建物に進化していました.今回は食べる機会がなく残念!

NGY-kishimen2

東海道線下りホームのきしめんショップ.

NGY-kishimen

上りホームのきしめんスタンド.その昔,何回かお世話になったことがありますが,吹きっさらしのスタンドに代わり,すっかり今風の小綺麗な店舗になっていました.


本稿終わり

← 前のページ次のページ →