レールメカの巣   - Railmechanos -

- 鉄道メカ系の趣味・情報ブログです -    since 22 June 2012


ルポ探20.高雄 5)台湾一周:後編

カテゴリー: ルポ探, 外国, 鉄道

「太魯閣」乗車

念願かなっての「太魯閣」乗車です.日本風のなじみのある車内設備とともに,暑いホームから冷房効いた車内へ逃げ込めたのが,なによりも快適でした.

chm-10

この日の「太魯閣」樹林行417レ,南側先頭車は,TED1006(2006年製の第3編成).JR九州の885系を8両にした振り子電車で,顔つきがよく似ています.

chm-11

太魯閣公園のロゴのある先頭部.意外と前面傾斜角が急です.

chm-12

車内の様子.台鉄の車両は荷物スペースがたっぷりととってあります.

chm-13 chm-14

トイレ便器も,日本とはかなり異なる仕様.

chm-16 chm-15

交流25kV/60Hzなので,シングルアームパンタは特高用7枚碍子で絶縁.クーラーキセが新幹線のフェアリングのように見えます.右は彫りの深い日立の海外用銘板.

列車は台東線を快調に進み,2時間弱で花蓮に到着.本来ならば台北まで乗車予定でしたが,予約が取れずにここで乗り換えとなりました.

frn-01

花蓮駅で「太魯閣」に乗り込む乗客.床や柱は磨かれた石材タイルで仕上げてあり,ホーム幅も広く立派な造り.右側には「普悠瑪」も見えます.

到着時はちょうど昼時で,改札を出たところで「臺鐵便當」を売っていたので,則,買い求め(NT$100),駅の待合室で食しました.

frn-05

圓形懷舊排骨菜飯便當.大きなパイコーに満足.ご飯は薄盛で少なめですが,オッサンにはちょうど良い分量でした.

frn-04

悠々カード対応の自動改札前に,弁当販売所があります.「太魯閣」のミニ・モックアップの販売台がご愛敬.制服のオバサンが「ベント~」と言って売ってるので,間違えません.

frn-03

花蓮駅のコンコース.大きな明り取り窓と高い天井が開放的な雰囲気です.

frn-06

花蓮駅前広場から山側を望む.太魯閣国立公園は右手方面です.駅前では観光タクシーの客引きがいるので,捕まらないように無視がbest!

構内観察

さて乗り換えまでは2時間もあり,といって観光スポットへ出歩くのも暑いので,駅構内で写真を撮ることにしました.花蓮は台湾東部の要衝なので,列車の発着が多く,退屈せずに時間をつぶすことが出来ます.

frn-11

少々小振りの花蓮駅電照駅名板.

frn-07

E400型(EMD-GP40の狭軌版)R175号機が,客車を従えて中線に進入してきました.

frn-08

牽引してきたのは観光用商務車のBCK(Buisiness Car with Brake Van;オロフ)10613+10612「環島之星」の2両.中線に留置すると機関車は機回しで戻っていきました.

frn-10

「太魯閣」/「環島之星」/「普悠瑪」が揃った豪華な顔ぶれ!

frn-09

東急製DR2800x3編成のラッピング車(先頭3両のみ)も現れました.

frn-12

車両両基地方面へ引き上げられる,別のDR2800編成.先ほどのR175が待機しています.

frn-13

區間車としてローカル運用に入っている大宇製EMC600.

frn-14

台東行「莒光」642レの先頭に立つE402.GE製C-CでE200/300/400と3形式あり外観はおなじですが,E200/300は最高110km/hなのに対しE400は130km/h,またE300には冷房用交流発電機はありません.

frn-15

「莒光」の客車も大きな冷房機用ガラリが設けられています.

frn-16

花蓮駅を後に南へ向かう「莒光」のオハフ.客レの最後尾を見るのは久しぶり.

さて,売店でNT$35の台湾ビールにありつき一息入れていると,様々の駅務作業が目につきました.

frn-02

ゴルフ場カートのような送迎車が,ホームの端っこのスロープ経由で乗り入れ,お年寄りや荷物を持った乗客を改札へ送ってくれます.エレベータもありますが,この方が楽ですね.知本駅のエレベータといい,台湾のお年寄りへのサービスは日本より充実しているように思えます.

frn-22

ホーム上に集積されたバイク.台鉄のどこの駅でも見かけられる光景です.荷札を見てみると,行先の異なるものや新旧車が混在しており,なんでわざわざ鉄道の荷物車で運ばなければならんのか,イマイチ理由が不明でした.

frn-17

台車で運搬中の客車デッキ用給水缶.しっかりと施錠されいました.

frn-18

作業員さんが一缶ずつ,手作業で積み込んでいました.大きさが石油缶ぐらいはあるし,ステンレスなので,20kgはあるでしょうね.

南港まで

始めは2時間も駅で足止め喰らってどうしようと思っていましたが,楽しく観察をしているとあっという間に過ぎ,乗り継ぎの乗車時刻となりました.

frn-19

この日の自強324レ,PP列車先頭を務めるPPのE1057.

さて列車は東部線を走りますが,PP自強は急行クラスなので停車駅が多いです.宜蘭を過ぎて夕方になると通勤・通学列車の様相を呈し,車内はかなり混雑してきました.結局,八堵で途中下車し,ここから下校の高校生で混み合う區間車で南港へと向かい,新幹線の自由席で高雄に戻りました.

ngn-04

台北にくらべると,圧倒的に空いている南港駅の改札.広くて綺麗.

ngn-01

地下ホームに発着する高鐵.ちょうど上野駅のようなイメージでしょうかねぇ.清掃の担当者はグレーのユニフォーム.

ngn-03 ngn-02

新幹線車内の様子です.デッキへのドアは大きな正方形のボタンを押して開けます.日立冷機の広告のお姉さんは相変わらず健在でした.

今回の一周については当初目的の列車に乗れず,高雄に着いたのも20:00過ぎと遅くなりました.しかし,DC特急→太魯閣→PP→區間車→新幹線と台湾のほぼすべての車両を網羅的に乗車できて,良い経験になりました.

6)嘉義車庫園区 に続く

コメントする

« 前のページ  次ページへ »

現在時刻

今月のカレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

リンク

RSS

管理者へのメール

webcomアットrailmec.info
アットを半角@にして下さい